神崎エルザVo.担当”ReoNa”アニソン歌手になった理由について

神崎エルザのボーカルを担当。最近では、

The First Takeにも出演し、SAOアリシゼーションのOP曲である「ANIMA」を披露。

再生回数はなんと約800万回を超え!! 

そこからライブやメディアに出るようになり、恒例の別れ際に言う「じゃあな」に僕は心を奪われました。

今回は、人気急上昇中のReonaさんを紹介していきます!!

プロフィール

引用:ReoNa オフィシャルサイトより


・出身地:鹿児島県奄美大島

・誕生日:1998年10月28日

・デビュー:2018年にソロデビュー

・所属レーベル:SACRA MUSIC


2018年にソロデビューと書きましたが、実は

2017年SAOシリーズの「ガンゲイル・オンライン」の劇中アーティスト「神崎エルザ」として登場し、ミニアルバム「ELZA」をリリース、オリコン8位を記録しています。(知らんかった。。。)

また、YouTubeでカバー動画も出しており、アニソンと思いきや。

Ben E.Kingの「Stand By Me」やJohn Denverの「Take me Home, Country Road」などの洋楽を歌っています!!

そのため、海外からの人気も絶大です!!

学生時代について

学生時代のReonaさん

小さい頃から家や学校に居場所はないと感じ、ネットの世界に逃げ込んだことをきっかけに音楽アニメに出会います。

Reonaさん自身、物心ついたときから一般的な家庭とは少しちがうと気づいていましたが、周りの理解は得られず閉鎖的になったとおっしゃっていました。

いじめも受けていた過去もあり、朝、学校に行こうとするものの5・6時間目になってから行くなど、精神的にも相当辛い時期を過ごしていました。

そうした経験から、SNSにこえにっきを投稿した理由も

1対1との関係

Reonaさん画面の向こうにいる人たちとのつながりを強く感じたい。つまり、自分を理解してくれる人がほしかったという願いがありました。

最初は自分の過去をさらすことに抵抗はあったようですが、自分の願いや考えていることを整理して伝えるということが歌詞づくりでも生かされていると振り返り実感しているとのことです。

そうして自分を発信した結果、共感する声や理解する声に触れ、理解してくれる人自分と似た境遇を持つ人に向けて歌うことで思いを伝えたいと考えるようになり、アニソン歌手になる道を選びました。

SAOとの出会い

引用:Dアニメストアより

ガンゲイル・オンラインで登場する「神風 エルザ」のボーカルとして「Independence」を担当したことがきっかけでデビューを果たしました。

歌手としてのReonaさんは自身の経験から、今は辛いけど頑張ろう!といった励ますというより、暗くて憂鬱な性格でもそのままいいんだよと理解し受け入れるという意味を込めた歌が特徴的です。

そのため、絶望系シンガーと呼ばれていますが、無理して頑張らなくていいんだと分からずに素の自分を否定し続ける人たちにとってのReonaさんの曲は救済だと思いました。

SAO WoUでも、物語の途中でキリト君絶望に突き落とされますが、ユージオや周りのキャラの存在が自分を受け入れ前へ進もうという力になり、さらに強くなって行く過程とReonaさんの音楽はまさにピッタリだと思いました!!

最後に

ネットを通じてアニメと音楽に出会い、それを通じて色んな人と出会い救われたことでアニソン歌手になろうと決意したReonaさんは本当のすごいと思います。

僕自身、大学生になり将来は好きな事・やりたい事を仕事にしようと考えていましたが、ものすごい土台がしっかりしてないとできない事に気づき、頑張っていますが、それが難しいことなんだとものすごく痛感している最中、

Reonaさんや前回紹介した鈴木このみさんなどの過去を調べると尋常なる経験努力をしているんだなとブログを通して知ることができました。

僕もこれまでの自分を振り返りつつ精進していきます。

ここまでご覧いただきありがとうございましたっ!

 

👇「リゼロ」歌う鈴木このみさんについてはこちらから👇